大相撲九月場所〜両国国技館 ( 格闘技 )

大好きな大相撲、念願叶い観戦して来ました!

九月場所、両国国技館です。

国技館の写真、撮り忘れた・・)

※予めお詫びです。

嬉しすぎて写真をたくさん載せてしまいました。

長々とスミマセン

なるべく観客の方のお顔が入らないように

トリミングなどもしましたが

写ってしまっている方、申し訳ありません

それと、

いつも力士名には「関」を付けるのですが、敬称略ということで。

どうそ、ご了承くださいますよう

贔屓の嘉風の幟

今場所復帰の稀勢の里も応援します!

向こうにスカイツリーが見えます。

楽しみ過ぎて午前中から出かけました。

写真を撮ったり、お土産を選んだり、食事をしたりと、

いろいろ楽しめました。

名物の焼き鳥にビール、お昼からはちゃんこ。

なんと、取組開始は8時20分。

私たちが着いたのは10時半頃で、

既に熱戦が繰り広げられていました。

お昼過ぎから有名どころの力士たちが次々と出勤

臥牙丸

妙義龍

マスコットキャラクターの ひよの山も

土俵では、昭和の偉大な横綱、あの大鵬の孫

納谷くん。

この日は惜しくも負けてしまいました。

お顔立ちはお祖父さんに似ているような、そうでもないような。

豪風

嘉風と同じ尾車部屋の39歳。

現在は十両ですが、いつも元気な取組を見せてくれて大好き!

男前の師匠、貴乃花親方にちょいと可愛さが似ている 貴源治

立派な体格も師匠に似ている気がします。

荒鷲を力強く押し出して、将来有望との期待を抱かせてくれました。

そして十両最後は 安美錦

この日は負けてしまいましたが、

もうすぐ40歳のしたたかな取組はさすがです。

(時にしたたかが過ぎて、ちょっと嫌な時もある)

さあ!幕内。

土俵入りのこれが楽しい〜

そして、横綱土俵入り。

鶴竜白鵬稀勢の里の順で行われ

写真もバンバン撮りましたが

ここはやはり稀勢の里で。

真っ赤な化粧まわしが映えていましたねー!

いよいよ嘉風の取組。

緊張したーー!

無事勝てた時には思わず黄色い声で叫んでいました。

これで7勝目。何とか勝ち越して欲しい。

琴奨菊

地道に頑張り続けています。

朝乃山

こちらもなかなか男前。そして将来有望。

密かに注目しているところ

元気者の小結 貴景勝

ひたむきさがイイです。

大関 栃ノ心

体が真っ赤になるほどの気合いです。

そして、大関 高安

今場所は絶好調。

この日は同じ大関豪栄道との取組で白星。

豪栄道も頑張って良い相撲でした。

いよいよ横綱 稀勢の里

相手は超人気力士 遠藤

足もしなやかに上がって、やっぱカッコイイ!

懸賞金が何本も!

何度も「待った」がかかり

寄り切りで無事勝ち越しました!!

良かったーーー

この後、横綱白鵬vs関脇逸ノ城白鵬の勝ち。

逸ノ城はいい相撲で惜しかったです。

白鵬を負かして欲しかったです

結びの一番は横綱鶴竜vs関脇御嶽海。

御嶽海は凄い人気で、館内に「御嶽海」コールが響き渡りました。

特に中学生くらいの声が。

皆で応援に来たのかな?

この取組も懸賞金がたっくさん

結果、

鶴竜の磐石な相撲で御嶽海を退けました。

大関を狙う御嶽海としては4敗となり苦しいところですが

この先、彼の相撲がますます楽しみなのは間違いなく

人気、そして実力もさらに付けて頑張って欲しいです。

何から何まで一日中、本当に楽しめた大相撲観戦でした。

嘉風、頑張れーー!

DRC

先日のヨコドリ終了後、谷田部アリーナにて、DRAからDRCに指定タイヤを変更する

ってお知らせがありまして、

月曜日さっそくGサーキットにて、

まっかちん率いる常連たちでお試ししました。

まずはタワラでステーキを食い、

ここのサーロイン最高

夜、人が少なくなったところで

いざ出陣!

ヨコドリで使ったYD-2SをGTRにして

そのままDRC装着で走りました。

最初はフロントが変な感じですが、

5週もすれば角が取れてきて

だんだん走りやすくなりました。

リヤは結構減ります。

路面が出来てくれば

そんなに減らなくなりそう。

ジーズ解散済みのマが使ったDRC。

まあだいたいこんな感じで減ります

走りの方ですけど、、

まあ遅くてツマンネ。

シんでください的な感じです。

縦の加速が全く無いので

ハエが止まりそうです

ですが、

DRAでやってた事はP全盛の今となっては

ただのガラパゴスですので、

良い機会なんだと思う事にします。

DRAでブイブイいわせてた連中はモンク言うと思うけど、Pタイラーは走りやすくなってるんじゃないかと。

まあ、走れなくても知らないけど

俺のは結構普通に走れました。

遅いけど

んで、

このクソタイヤに合わせて

Gサーキットのレイアウトも

今月中にロースピードに変えますので、

今まで苦手だった人はウハウハ。

得意だった人はグダグダ。

アメリカンロブスターは桜エビにまっかちん。

になるでしょう。

とりあえず今月中は

タイヤはDRAでもDRCでも

好きな方を使っていいみたいなので、

早めに乗り換えてセッティング出した方が

ドヤ顔できます

あ、

違うタイヤは使わないでくださいね。

マジギレしますよ。

まっかちんが。

ではよろしくお願いします()

ST205セリカGTーFOUR エンジンオーバーホール作業 その43

おはようございました

今日も張り切って続きをアップしていきますよ〜

セリカエンジンオーバーホールですが、お次はカムカバーの取り付けです。

が、その前にカバー全体をキレイにします

いつものサンエスにヘッドカバーをどぶ漬けして、ブラシでひたすらゴシゴシします。すると、汚れがガンガン落ちていきます

キレイになったところで、ヘッドカバーパッキン 2つをヘッドカバーに取り付け、シリンダーヘッドに取り付けます。

はじめに ( 歴史 )

長期政権の中で安倍内閣改憲を強く主張しています。

安倍内閣が主張する改憲とは、どのようなものであるか

内閣の国政にのぞむ姿勢から予測すると

平和、民主主義など国民に直結する問題に

危ういものを感じざるを得ないのは、私ばかりだろうか。

 

民主主義の問題では、現行憲法の精神から

全く逆行する国家機密保護法なるものを成立されました。

国民の知る権利を制限したのです。

労働の問題でも8時間労働を切り崩した

裁量労働制の導入を国民の反対を押し切り

殆ど独裁的に押し通しました。

減俸憲法9条で禁じた国際紛争の解決を踏み潰すような

自衛隊による海外派兵諸法を国民の疑問に応えることなく

独裁的に強行的に推し進めました。

 

この政権は、今独裁政権確立の道を進みつつあります。

加計問題、森友問題という重大な疑獄事件に対しても

力で押し流して真相も明らかにせずに済ましています。

政治の私物化、歴史の逆行が進行し国民不在

国民の生活、生存を脅かす序曲が始まっていると言えます。

 

沖縄では、戦時中に米軍に奪われた土地が

そのまま基地に使用され、未だに解決していない問題では

現政権は、沖縄県民の財産を守る側ではなく

土地を奪った米軍の側に立ち

米軍の代弁者、執行者として国民である沖縄県民を苦しめ

米軍のために嘘までついて沖縄の軍事拠点化を手伝っています。

 

国民の存在を無視したこのような政権が進める改憲

どう考えても、国民に不利益をもたらすものと予想できます。

 

国家権力、その根拠となる憲法とは

そこに住む国民の居場所を提供するものであると考えます。

国民の生存は勿論、生活、人生を支配するものです。

私は、国民、庶民の立場から、歴史を振り返りながら

安倍内閣が提起した改憲論を機に

憲法議論の在り方を考えてみたいと思います。

つづく

【現在真似できる会社が現れてない!粒子が小さい事が大きな武器になります。紫外線には酸化チタン、静電気には銀イオン!12年間改良を加えました。】新世代ボディーコートです。よろしく - 【静電気を除去。水性Ag-powerコーティング】で頑張るおじさん!

新世代ボディーコートです。よろしく

12年前、東京ビックサイトで初めて車の水性コーティングとして公開しました。

自動車販売、当時大手メーカーさんの開発部の方々は洗車確認に来られました。

しかし困った事に油性のガラスコーティングに勢いが増したのも同時期!

だったら大手ケミカルメーカーに出来ないものを作ろう・・・

言うは簡単!基礎化学も理解出来ない人間が現場だけで改良します。

製品性能、混合比より現場で簡単に出来るかが最優先。

零細企業ですから、理屈理論より現場最優先。

零細企業では、保証の関係上〜3流品は販売できないんですね・・・

補償する保険会社が納得できる製品まで上げなければなりません。

有難い事にカーボン製品がどんどん増え続け、車にもアルミ合金と言う

商品が軽量化目的ではない事が浸透しつつあります。

世は味方に流れてきています。必要とされる時期が近付いてきたと言えるんでは・・・